Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

PICKUP TOPICS

CATEGORY

ARCHIVES

2022

2021

2020

2019

2018

2017

2016

活動報告 商品のお知らせ、渡航記、生産者など、コーヒーと人をつなげる活動を報告します。

商品のお知らせ、渡航記、生産者など、コーヒーと人をつなげる活動を報告します。

神戸

神戸のケストレル。

おはようございます!

日を重ねる毎に焙煎室の温度が高くなってきています。そのうち私もハゼる気がします。

 

今日は、5kgと20kgの焙煎機で使用している風速計をご紹介致します!焙煎中は定期的に、ドラム内に吸い込まれる風速を計りながらダンパーを調整しているので、非常に重要な焙煎道具の1つとなっています。

kestrel

 

 

ケストレル1000という風速計を使用しています。

元々、とあるグライダー愛好家の「飛行時に正確な風速をどうしても計りたい!」という思いが実り、1995年にアメリカのニールセンケラーマン社にて開発されたのが発端でした。

現在では様々な種類の風速計を販売していて、中にはBluetooth対応のものもあり、世界中の気象観測者や飛行研究者、そして災害時等々に欠かせない重要な製品となっています。

 

私も、この風速計がないと焙煎ができません。。計り方は簡単で、スイッチをONにして写真のようにドラム内に向けて翼を向けるだけです。

860kestrel

表示だとこれは860ft/minという表示です、秒速でいうと約4.4mです。

 

今月はこれを使って色々なプロファイルの焙煎を試行してみようと思います。その時にまた風速についても書かせて頂きます!

朝の焙煎室から、失礼しました。

 

榎本

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ