Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

活動報告 商品のお知らせ、渡航記、生産者など、コーヒーと人をつなげる活動を報告します。

「ブレイクタイム」の記事一覧

商品のお知らせ、渡航記、生産者など、コーヒーと人をつなげる活動を報告します。

ブレイクタイム

ブラジル出張③

ダスフローレス農園はアルトアレグレ農園に隣接しています。 この農園のスーバーボイアを継続して買い付けております。 農園管理はエドゥアルドが行っています。 ダスフローレスの農園主アナさんと農園入り口で持参したバッグと共に記念撮影。(毎年恒例の記念撮影) アナさんのご主人はブラジルの大手銀行サンタンデールの頭取です。  

続きを読む

ブレイクタイム

ブラジル出張④

ブラジル2日目はモジアナ地区バルデグラマの名門サンタアリーナ農園へ。 サンタアリーナ農園は890ヘクタールの大農園。 コーヒー栽培面積も約400ヘクタールで年間5000袋を生産するブラジルでも有数の素晴らしい農園です。 今回はサンタアリーナ農園のゲストハウスに宿泊しました。

続きを読む

ブレイクタイム

ブラジル出張⑥ カルモデミナス

  もう何回来ただろうか? 忘れてしまった! カルモデミナスはブラジル屈指のスペシャルティコーヒーの最前線の地。 カルモコーヒーズの成長はまさにブラジリアンドリームです。 ジャッケスとルイスパウロの二人三脚で素晴らしい会社になりました。  

続きを読む

ブレイクタイム

ブラジル出張⑦

カルモデミナス地区でははじめて訪問したイルマスペレイラ農園とサンタイネス農園を視察。 弊社ではイルマスぺレイラ農園のニューフレーバーという特別なロットを 一昨年より買い付けております。 イルマスペレイラはルイスパウロのお母さんと叔母さんの農園です。 今後もカルモコーヒーズの核となる農園になるでしょう。  

続きを読む

ブレイクタイム

ブラジル出張⑧

マツモトコーヒーでは2001年インドネシアより産地ミッションを開始。 2003年からブラジルに総勢60人以上のお客様をお連れしましたが、 いつでもブラジルの人たちは温かく迎えてくれました。 今回の出張ではブラジルでずっーとコーヒーの仕事に携わるシモサカマナブご夫妻と4年ぶりの再会。 クオリカフェックスのジェントルマン ジョアンにはいつも心温かいおもてなしを受けました。 今回会えなかったが、サンタアリーナ農園のトゥカさんには 念願の農園内のゲストハウスに宿泊させていた…

続きを読む

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ