Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

グアテマラのスペシャルティコーヒー紹介

生産者

生産者

NEW契約農園
GUATEMALA / La Tacita
ラ・タシータ農園
農園主●ロドリック・ファジャ氏 ファンパブロ・ファジャ氏 農園面積●450ha(内)栽培面積:70ha 栽培品種●アラビカ種/ブルボン亜種ティピカ亜種カツーラ亜種 標高●1700~2100m 精製方法●水洗式 発酵時間:36~48時間 100%天日乾燥(アフリカンベッド) 
実在するAntigua農園の中でも名門中の名門、San Sebastian農園主(ファージャ家)の末裔によって
栽培管理される農園です。
年間降雨量の少ないアンティグア地方は、周りを山に囲まれた盆地であることから、日中温度差が
極めて高いことで知られている。特に標高1,800m以上では朝晩の温度が急低下することからコーヒー
栽培は困難とされているが、同農園はアカテナンゴ火山の麓に位置し、肥沃で柔らかい火山灰土壌と、
噴火中のフエーゴ火山の地熱の影響により、標高2,100mまでコーヒー栽培を可能とする稀にみる農園
である。
また、歴史と伝統に守られたシェードツリー(グラビレア)も50年以上の大木で覆われていることから、
コーヒーの樹木も上へ上へと太陽光線を目指し、いつの間にか4~5メートルの大木へと成長する様は
見応えがある。
洗練されたピッカーたちの手作業にも、妥協を一切許されない農園の伝統を今も受け継いでいるのが
素晴らしい。
契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ