Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

エチオピアのスペシャルティコーヒー紹介

産地指定
ETHIOPIA / Blue Nile MOPLACO
ブルーナイル2018 URAGA
栽培エリア●シダモ グジ URAGA 標高●2,000~2,400m 品種●アラビカ種/在来種 サプライヤー●MOPLACO社Heleanna Georgalis氏
精製方法●ウォッシュト 100%天日乾燥(アフリカンベッド使用)

 

コーヒーの発祥地、エチオピアから新しいエリアである、“グジ”コーヒーが誕生しました。

元々シダモエリアの一部として取引されてきましたが、近年その質の高さに人気がつき、グジコーヒーとして単独で取扱いされるようになりました。

その新しいコーヒーを品質に強いこだわる現地業者指定で厳選された原料のみを買い付け、最上級グレード1までクウォリティを高めてもらいました。マツモトコーヒーでは、エチオピアウォッシュトコーヒーを“ブルーナイル”と名付け、その年のトップクウォリティーをご紹介しております。

グジの流通について

一般的にエチオピアのコーヒーは同国オークション経由(以下ECX)で流通されています。グジは元々、ECXカテゴリーではシダモA地区のコーヒーとして取引されてきました。

しかし近年その高品質さに人気が出始めECX評価でグレード1および2のみ単独でグジコーヒーとして取引されるようになりました。

フローとしては、まず農家サイドから持ち込まれた原料がECXによって、グレード1から5までの5段階の品質に評価付けされます。しかしながら、実際に輸出されるコーヒーの品質は、どのグレードをECXより調達するか、そしてどのような選別を輸出業者で行うかによって異なってきます。

同じグレードでも会社によって品質差が生じるのはこのためです。

              サプライヤー

現地クウォリティサプライヤーとして名高いMOPLACO TRADINGをパートナーに選択しブルーナイルの作成を依頼しております。原料ロットはすべてECXで買付を行っています。真面目にグレード1のみの原料を手当しています。原料買付後、同社カッピングを行い高品質なロットを更に厳選します。その後ハンドピックを徹底的に行い、欠点豆を限りなくゼロに近づける努力をして最終ロットへと仕上げられます。

生豆は欠点豆がほぼゼロに近い状態まで、仕上がっており、パートナーのMOPLACO社の努力の賜物です。素晴らしいカップクウォリティは、あらゆる焙煎度合で魅力を発揮します!

2018年にECXシステムが変わり、これまでグジという大きなゾーンまでのトレースにとどまっていましたが、エリア指定の原料を調達できるようになりました。

今クロップに選定したエリアはグジの中でも最も標高の高いエリアとして知られるURAGAエリア。2000m以上でコーヒーが栽培され、最も高い場所では2400mにまで上ります。過酷な栽培環境ゆえ、コーヒーチェリーが成熟するまでにかかるストレスは計り知れません。

グジが持つ華やかな印象はそのままに、中に詰まった濃厚な甘さとどっしりとしたボディ感がURAGAの特徴です。

エチオピアのさらなる可能性を感じさせてくれるエリアのご紹介です。

image2

 

 

契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ