Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

デカフェのスペシャルティコーヒー紹介

契約農園
DECAF / Ethiopia(Shakisso Tade GG) Mountain water process
エチオピア(GUJI Shakisso G1) マウンテンウォータープロセス
農園主●Tasfaye氏 栽培品種●アラビカ種/在来種 標高●1,850~2,200m 精製方法●ウォッシュド
認証●JASオーガニック

昨年ご好評頂いたエチオピアのグジG1のシャキッソ(ウォッシュド)のカフェインレスの原料を入荷致しました。

(農園のご紹介ページ➡エチオピア シャキッソ)

 

 

フローラルで様々なフレーバーを思わせる複雑な甘味や酸味をそのままに、メキシコのマウンテンウォータープロセスでカフェイン除去された原料です。

デカフェとは思わない素晴らしい風味を感じて頂けます。

 

 

 

~マウンテンウォータープロセス~

メキシコにある標高5,500mの山「Pico de Orizaba」の天然水を使用した、DESCAMEX社による「水抽出法」で平均97.0%のカフェイン除去を行います。スイスウォータープロセス同様に薬品を使用していないので素材の風味をしっかりと保つことを可能としています。

契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ