Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

ケニアのスペシャルティコーヒー紹介

NEW産地指定
KENYA / GATHAITHI AA /KIANDU AB
DORMANS
サプライヤー●C.DORMANS社 栽培エリア●ニエリ地区 品種●SL28,SL34,Ruiru11,Batian精製方法●フリーウォッシュト 農園面積●平均0.2Ha(農家あたり) 標高●1700−2100m 発酵時間●16-24時間 ソーキング●16-18時間 乾燥●約20日間

ケニア有数のトップスペシャルティコーヒーを取り扱う輸出業者であるDORMANS社からセレクトした2021CROPが入荷いたしました!

今クロップは、ニエリ、キアンブ地区より4ロット選定いたしました。

ニエリ、キアンブ地区はケニアの中央部(首都ナイロビより北へ120km)に位置し、国内最高峰であるケニア山を望む絶景な場所として知られ、スペシャルティコーヒー生産エリアの中でもとくに品質が高いエリアで有名です。

SL28(ブルボン系)SL34(ティピカ系)などの品種がケニアの土壌と栽培環境に適し、力強い風味特性を生み出しています

GATAITHI AA

Gataithi農協は、ケニアの首都ナイロビから北へ160kmのニエリ、Gaki村にあるケニア山の山麓に位置しており、火山性の肥沃な土壌、高い標高など高品質なコーヒー生産に有利な環境下にあります。

所属する小農家は1656名で平均0.2haの土地に100本のコーヒーノキを栽培し、毎年5-6月,11-12月の2度収穫期を迎え、9月下旬頃から始まるメイン収穫の時期に70%の収穫を占める。

栽培品種は、SL28,34が90%、Ruiru11 10%、Batian 1%の割合でコーヒーチェリーが農協に持ち込まれる。

 

エリア:ニエリ

ファクトリー:ガタイティ

農家数:1656名

標高:1720m

土壌:火山性赤土

品種:Ruiru 11,SL 28, Batian

収穫期:5-6月,11−12月

認証:レインフォレストアライアンス、4C

 

GITITU AA

GITITUファクトリーは首都ナイロビから北西47kmのKiamubu地区に位置しています。

7つのフォクトリーを持つ国内最大のGITITU農協の中の一つです。

エリア:キアンブ

ファクトリー:ギチツ

農家数:3000名

標高:1300m

土壌:火山性赤土,ローム

品種:Ruiru 11,SL 28, Batian

収穫期:4-9月,10−12月

 

KIANDU AB

KIANDUファクトリーは1970年にtetu農協のメンバーによって設立され、ケニアの首都ナイロビから北に約150kmのニエリ、カルンドゥ村にあるアバデア山脈の斜面に位置します。現在1524名のメンバーが所属しており、平均して0.2haの土地に200本のコーヒーノキを栽培しています。

カルンドゥ村は、年に2度迎える収穫期の前に適度な降雨があり、気温は年間を通じて13〜26℃と理想的な栽培環境にあります。また、SL28,SL34,Ruiru11,Batianといった栽培品種が水はけの良い火山性赤土土壌に適し、素晴らしいコーヒーが生産される場所として知られています。

KIANDUファクトリーは農家に対して事前融資制度を設けており、その資金は子供たちの学費、コーヒー生産に関わる費用や緊急時に必要な資金として、前年度の収穫量や実績とは別に融資する形で生産者のサポートを行っています。

ドーマン社は定期的にGood Agricultural Practiceセミナーや最新の情報を発信し、

生産量、品質向上のサポートを行うことで小規模農家と信頼関係を構築し、持続可能な農業を目指しています。

 

エリア:ニエリ

ファクトリー:キアンドゥ

農家数:1524名

標高:1810m

土壌:火山性赤土

品種:SL28,SL34,Ruiru11,Batian

収穫期:5-6月、11−12月

 

RUARAI AB

ルアライは現地キクユ族の言葉で岩の土地を意味します。ルアライファクトリーに沿って流れるルアライ川が名前の由来となっており、同地域は家畜や農作物を販売する有名なマーケットの近いエリアにあります。

ファクトリーを所有するルサカ農協は600農家で構成されており、年間280トンものコーヒーチェリーを生産する農協です。農家の多くはケニア山の麓でコーヒーを栽培しており、肥沃な火山性土壌の恩恵を受けています。

また、1農家当たり平均0.2haの土地に250本程のコーヒーノキを栽培することで、少数集中型の管理と完熟したチェリーのみの収穫を可能にしており、結果として良質なコーヒー生産につながっている。

エリア:ニエリ

農協:RUTHAKA

農家数:600農家

標高:1600-1800m

土壌:火山性赤土

品種:Ruiru 11,SL 28, Batian

収穫期:4-5月,10−2月

 

この国に関連する他の農園

関連記事はまだありません

契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ