Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

PICKUP TOPICS

CATEGORY

ARCHIVES

2019

2018

2017

2016

活動報告 商品のお知らせ、渡航記、生産者など、コーヒーと人をつなげる活動を報告します。

商品のお知らせ、渡航記、生産者など、コーヒーと人をつなげる活動を報告します。

神戸

ワイニー

神戸、30℃を下回っております。朝起きたら室内より外の方が涼しく、ああ今年も終わったな~夏が。と黄昏てしまいました。。しかしながら焙煎室内は相変わらずの熱気。今日も順調に良い汗かかせてもらっています◎

 

 

 

今週、ブラジルのサンタイネスを深煎りにする機会がありました。

せっかくなので出荷分より少し多めに焼いて、様々な器具で抽出してみました。非常にチョコレート感の強い印象を受けました。ガトーショコラやオペラ、あとシンプルに板チョコと一緒に飲んでみたいです。あ、あとお酒飲んだ後も良いですね。

 

焙煎から4日目の今日。昨日ご紹介したLinea miniで改めて抽出してみました。メッシュを細かめにして渦抽出に注意しながら、数ショット。もっと特訓が必要です榎本。

エスプレッソは非常に繊細なんだな~と毎回落とすたびに感じます。ビターチョコレートを溶かしたような1杯を落とせるはずです。

サンタイネスお勧めです^^

 

 

 

今日はもう1つあります。

カッピングの際に時々耳にする「ワイニー」という言葉。

 

私は入社してからしばらく、どこかの生産者の「ワイニーさん」かと思っていました、ああ恥ずかしい。。

「ワインのような、熟した果実香、熟れた柑橘系」等々、様々な表現に使われる「ワイニー」。又、「ワイニープロセス」のように精製方法で使われることもあります。

様々な含蓄の中で「赤ワインのような」フレーバーを感じる原料がマツモトコーヒーにございます。タンザニア・タリメAAケニアスタイルです。

赤ワイン・赤ブドウ・プラムなどなど。タリメを使ったブレンディングが秋以降に映えてくるのでは、と午前中にカップした際感じたので紹介させてもらいました!

焙煎豆のサンプル随時受け付けております、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

さあ、今日は華の金曜日です。ブラジルから皆さんの帰国を待ちながら、ワイニーな夜を過ごしたいものですね!!

 

榎本

 

autumn2-fin-photo

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ