Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

ケニアのスペシャルティコーヒー紹介

産地指定
KENYA / KATHIMA AB
KATHIMA AB
栽培エリア●エンブ地区 ファクトリー●カシマ 標高●1700-1900m 組合●サンバナ 農家数●3000名 品種●アラビカ種/SL28、SL34、Ruiru11、Batian  精製方法●ウォッシュト 100%天日乾燥(アフリカンベッド使用)

その圧倒的な品質の高さでアフリカを代表するカップ品質を誇るケニア。
アフリカの肥沃な大地とケニア山の独特の気候が、独特の香りとボディ、そして綺麗な酸味を産み出します。
一方で、複雑なコーヒーの国内流通規制(零細農家の自家精製禁止やマーケティングエージェントの介入、オークションシステム等)から、特定の水洗工場や農園との継続した関係維持が難しい状況下にあります。
マツモトコーヒーでは、その年のケニア最高品質のコーヒーを買付け、ご紹介させていただいております。

KATHIMA AB

現地言語キリク語で『原水』を意味するキシマ(Kithima)にて、手摘み収穫された完熟豆のみ(未熟、過熟は選別)、収穫同日に付近の清流を利用し、パルピング。

スキンドライされた後、アフリカンベッドにて時間をかけてじっくりと乾燥されています。

マスカット、オレンジを連想する特徴あるフレーバー、スムースな口当たりがボリュームある酸をソフトに感じさせてくれる味わいです。

契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ