Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

エチオピアのスペシャルティコーヒー紹介

NEW産地指定
ETHIOPIA / WhiteNile Shifo
ホワイトナイル Shifo
サプライヤー●MOPLACO(MoccaPlantationCoffee)生産エリア●Chelelektu Shifo 栽培品種●在来種 標高●2000m 精製方法●ナチュラル

ECX制度が始まった2008年以降、ECXで取引されるコーヒーはトレーサビリティを失い、生産エリアを特定することが難しくなったのに加え、輸出業者は事前にサンプルを確認することができなかった。品質が重要視されるスペシャルティコーヒーの市場にとって大きな痛手となった。

しかし、ECX制度は2018年から大きく改善され、電子オークションシステムの導入により、事前にロット毎の生産エリア(CWS)、数量、水分値、ECX評価などの情報が得られるようになった。

弊社ではECX評価で88点以上の原料のみにフォーカスし、その年で最も品質が良いエリアをMOPLACO社に依頼しホワイトナイル(ナチュラル)、ブルーナイル(ウォッシュト)を選定しています。

2018-2019cropのホワイトナイルは、2つのエリアから原料を調達しております。

・イルガチャフィ チェレレクト Shifo村

MOPLACA社が所有するチェレレクトCWSで精製されたマイクロロットです。コーヒーチェリーの集荷を近隣にあるShifo村に限定したロットになります。

・シダモA Chire G1

ECXにおいてシダモAに分類され、Borena( except Gelena/Abaya), Benssa,Chire, Bonazuria, Arroressa, Arbegonaのエリアの一つです。GujiはもともとシダモAのカテゴリーにありましたが、数年前に独立しています。

 

契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ