Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

コロンビアのスペシャルティコーヒー紹介

NEW契約農園
COLOMBIA / Buena vista
ブエナビスタ農園 ウィラ サンアグスティン村
農園主●カルロス・エミーロ・インバチ氏 農園面積●5Ha 栽培品種●アラビカ種/カツーラ亜種(80%)ブルボン亜種(20%)標高●1,850m精製方法●水洗式 醗酵時間:36~48時間 100%天日乾燥

コロンビア南部ウィラ県サンアグスティン村よりマイクロロットが入荷しました!

 

ブエナビスタはスペイン語で素晴らしい景色を意味し、標高1850mに位置する農園から見渡す絶景を見て名付けられました。

実際2014年に訪問した際に、その景色を見て感動したことを覚えています。

農園主であるカルロス・インバチ氏は、幼い頃から両親よりコーヒー栽培を学び、代々高品質なコーヒーの栽培を行ってきたことで、ファミリーは地域のスペシャルティコーヒーの生産者として名高い存在であり、彼のコーヒーを求めるバイヤーも多い。

同エリアのパライソ農園もインバチファミリーが所有しており、カルロス氏の次男であるアルマンドロ氏が管理している。

カルロス氏は、コーヒーは自然の産物であり、栽培過程で自然環境を壊してはならないという考えから、高品質なコーヒー栽培だけでなく、マグダレナ川源流、アンデス山脈と渓谷に囲まれた緑豊かな栽培環境の保護も重要な使命と考えている。

また、ファミリー農園だけでなく、地域コミュニティーのリーダーとして、後継者の育成や栽培の技術指導など、コミュニティー全体の品質向上へも積極的に取り組む生産者である。

その恵まれた栽培環境とカルロス氏の丁寧なコーヒーづくりが、最高品質のカップを生み出しています。

 

パイナップルやパッションフルーツのようなジューシーな酸とトロピカルな甘さが、スペシャルティコーヒーの魅力を改めて感じさせてくれるコーヒーです。

契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ