Coffee Communication Story.

マツモトコーヒー

農園&産地紹介

ブラジルのスペシャルティコーヒー紹介

NEW契約農園
BRAZIL / Das Flores
ダス・フローレス農園 スーパーボイア
栽培エリア●ミナスジェライス州ジャグチンガ 農園主●ファビオ・バルボサ氏 農園面積●96Ha 栽培面積●50Ha 品種●アラビカ種/イエローカツアイ亜種 標高●1,250m 精製方法●ナチュラル

農園主のファビオ バルボサ(Fabio Barbosa)とその妻のアナ(Ana)は、モジアナ地方の伝統的なコーヒー栽培地域である、エスピリットサントデピニャル近郊で2005年よりコーヒー栽培を始めました。
ファビオとアナは、彼らの農地を拡大するために、マンティキエラ山脈で標高の高い土地を探しました。そうして彼らは2010年にダス フローレス農園を購入しました。

ダス フローレス農園は、南ミナスのビラ アルベルチーナという町に隣接し、その標高の平均は1,250m(4,100ft)と高く、ブラジルにおけるスペシャルティーコーヒーの生産に最適なエリアの一つに位置しています。

当農園の位置するエリアは亜熱帯の高地気候であり、気候の変動が激しいため、コーヒーチェリーはゆっくりと成熟し、乾燥されていきます。
これにより酸味・ボディや甘さが完璧に調和したカップを生み出します。

*スーパーボイアとは
農園にて集荷されたコーヒーチェリーは、まずメカニカルサイフォンにかけられ、比重の違いにより水に浮くものと沈むものに分けられます。この浮いたものをさらにロータリースクリーンでチェリーの大きさによってわけます。このうち、大きなチェリーよりつくられるのが「スーパーボイア」です。このスーパーナチュラルは味覚に優れており、マツモトコーヒーオリジナルロットとして選定しています。

契約農園とは
毎年、農園と契約することで、透明性のある取引と継続的な関係を構築。生産者とコミュニケーションを図り、マツモトコーヒーの求める品質を実現したものです。
産地指定とは
現地サプライヤーへ生産エリアを指定し、マツモトコーヒー独自のスペックでオリジナルロットの作成を依頼したものです。

はじめましての方へ

はじめましての方へ

もっと詳しく知りたい方へ